腰痛が辛くてその場しのぎの整体へ

職業柄、腰を痛めてしまうことが多く、普段から腰痛が悩みになっていました。
いつもはコルセットをしたり、痛みが強い時には痛み止めを飲んだりして対策していたのですが、その時は後を引きそうな痛みでしたから、人からの勧めもあって初めての整体へ行くことになったのです。
ただ整体にはあまり良いイメージがなく、痛みが楽になるのか心配でした。
足を運んだ整体院は古ぼけた外観で中に入るのも躊躇するほどでした。
キーキーと音がするドアを開けて入ってみると、やっぱり中も古臭くて大丈夫なのかと心配に感じました。
すると、作務衣を着た中年男性が迎えてくれたのですが、いかにも整体をやっていますという雰囲気で、職人ぽいイメージを瞬時に持ちました。
中に案内されると殺風景ではあったものの小奇麗な感じで、例のベッドにシーツがピシッと敷いてあって意外とちゃんとしていそうな雰囲気があったのです。
腰痛をどうにかしたいということで軽く相談をし、マッサージを受けることになりました。
ファーストコンタクトは腰をさする感じのマッサージで、どの辺りが痛むのか探りを入れられていたのですが、その触り方が堂に入った感じで素人ながらに違うなと感じました。
手の平の付け根部分を使いながらぐるぐるとやっているだけだったものの、触手で感覚を探るかのような動かし方に只者ではないかもしれないと、うつ伏せになりながら一人考えていたのです。
それから開始されるマッサージは見事でした。
痛いところを上手い具合に回避しつつ、でも凝っているところはピンポイントでしっかりと突いてくるという絶妙な加減で驚きました。
痛みも感じるものの気持ち良さもあってバランスが心地良かったです。
よく痛気持ち良さがクセになるというようなことが言われていますが、その時に初めて気持ちが分かった気がします。
そしてマッサージに加えて気持ちが良かったのが体の節々を伸ばすための施術です。
時にはおじさんの体に包まれながら腕や足などもグーっと伸ばしていくのですが、凝り固まった筋肉がリラックスしていくのがよく分かりました。
自分自身もすっかりとおじさんに身をゆだね、好きにして下さいという心境でした。
途中から腰痛が楽になった心地もあったお陰か、ついウトウトしている自分がいてびっくりしました。
そもそもおじさんもあまり言葉を発しませんから無言の中で施術が進められていました。
しかし施術を通して私の体とはしっかりと対話はしており、気持ちが良いという意識だけが宙に舞っているようなそんな心境でした。
施術が終わった後はとにかく爽快で心地良かったです。
当初はその場しのぎに考えていましたが、整体も意外と侮れないことが分かった出来事でした。