マッサージ施術者は男性と女性どっちがいいか考えた

デスクワークをしている私は、毎日のように片凝りや腰痛に悩まされていました。
仕事中はほぼ1日中パソコンで作業をして、夕方になると首から肩にかけてかたくなっていることが多かったです。
座ったままの作業のため腰にも負担がかかるようで、帰る頃にはなかなか立ち上がれないほどの痛みを感じる日もありました。
自分でできることといえば、仕事中に定期的に休憩を挟んで、腕を回すといった簡単なストレッチをすることや、自宅ではゆっくりと湯船に浸かったり、寝る前のストレッチを日課にしたり、痛みのある部分を温めてかたまらないようにすることでした。
しかしなかなか効果は出ずに、マッサージ店へ通うことを考え始めました。
そのマッサージ店は会社の同僚から教えてもらい、値段が安いのに施術の効果が高いというおすすめのお店ということでした。
60分で3000円という値段はお得感があり、早速私もそのマッサージ店へ通うようになりました。
マッサージの施術者を指名することができるシステムになっていましたが、初めて訪れた時はどの施術者が良いのかがわからず、お任せでお願いしました。
その時は女性の施術者で、どちらかというと優しい力で痛みがないように気を配ってくれているようでした。
首や肩がかなり凝っていると指摘され、その部分を重点的に揉みほぐしてくれましたが、正直なところもう少し強い力で揉んでほしいと思ってしまいました。
しかし私も遠慮をしてしまい、そのことをお願いできないまま60分が終了してしまいました。
後日同僚にそのことを話したところ、それなら男性の施術者を指名した方が良いとアドバイスをされました。
同僚は毎回指名している男性の施術者がいるそうで、2回目に訪れた時に私もその男性を指名することにしました。
初めは男性ということで、多少の戸惑いがありました。
できれば女性にお願いしたい気持ちもありましたが、その男性の施術が始まった途端、相手の性別は全て吹っ飛んでいきました。
施術を行う両手に込められた力は、決して強過ぎることはないもののしっかりとした力があり、凝りにピンポイントで刺激を与えているような心地良さを実感しました。
60分はあっという間に過ぎ、思わず延長と叫んでしまいたいような気分でした。
全身の凝りが抜け、まるで嘘のような軽さを感じることができました。
当然のことながら次回以降はその施術者を指名するようになり、今でも定期的に通って天国のような時間を過ごしています。