たまにはホテルスパで贅沢マッサージという選択

サラリーマンをしていると、ホテルスパに宿泊することもありますが、ホテルスパの魅力は何と言ってもゆっくりとおふろに入り日ごろの疲れをいやすことができる点です。
出張などで泊まりになる場合ホテルSPAを宿泊先に選べば、1日の疲れをいやすことができ、翌日から元気に働くことができるでしょう。
ホテルスパにも様々なタイプがありますが、マッサージをしてくれるところも少なくありません。
例えば、ホテルの中にマッサージ師がおり、事前に予約すればよほど混んでいる時でない限りマッサージを受けることができるでしょう。
普通のホテルであれば、外からマッサージ師を呼ばなければなりませんが、スパの場合にはわざわざマッサージ師を呼ぶのではなく、その場にいることが多いため予約なしで対応してくれることも多いでしょう。
どのタイミングでマッサージを受けたらいいかは人によって異なりますが、せっかく大浴場があるのに大浴場で汗を流してきれいな体にしてからマッサージを受けるのが一般的になっています。
マッサージを受けることで、血流が良くなり筋肉の疲れやむくみなどもなくなってきます。
長い時間椅子に坐っていることで腰が痛くなったり、普段から仕事でパソコンをしている関係で肩凝りがひどい場合には血流をよくすることで痛みを和らげていることができるようになります。
そもそも肩こりや腰痛は、血流の悪さからきていることが多く、血流をよくすることで筋肉を柔らかくし痛みをほぐしていくことができるでしょう。
おふろに入る前よりもおふろに入った後の方が血流がよいので、そのあとにマッサージをすれば効果は倍増するでしょう。
マッサージをする前後は、お酒を飲まずにした方がよいです。
ホテルの部屋に入ると、お酒が好きな人であれば飲んでしまうかもしれませんが、その場合には受け付けをしてくれない可能性がありますので、お酒は我慢しておきましょう。
スパで体をほぐしていくと、思わず寝てしまうことも少なくありません。
これはスパ以外のお店でも同じですが、そもそも横になっている状態で周りが暗く、気持ち良い指圧をしてくれる場合には眠る条件が完全に整っているといえます。
ホテルで寝てしまった場合のメリットは、起きあがった後にすぐ自分の部屋に帰って眠ることができることでしょう。
自宅に帰るのとは異なり、気持ちの良いままベッドの中にもぐりこのことができれば、今までの疲れをとり、良い夢を見ることができるにちがいありません。