キャビテーションのグイグイ燃焼している感が癖になる

以前はエステに、女性のためだけのものというイメージを持っていたのですが、ここ何年かでメンズエステサロンが何軒も自分の行動範囲の中にできて来たので、男性にも人気があるということを理解できました。
すると、少し前までは自分がエステを受けたいなどとは全く思っていなかったのに、最近ではどんどん関心が大きくなってきたのです。
美に対する関心の強い最近の若い男性のように、ムダ毛のないツルツルのお肌を手に入れたいとまでは思わないのですが、年々目立つて来たお腹周りの出っ張りが、運動をしてみても食事を減らしてもなかなか改善してくれないので、メンズエステサロンに行ってそれを効果的にに解消したいという思うようになったからです。
そこでまずは、テレ後のコマーシャルで名前を聞いたことがある有名なサロンに行って、痩身メニューについての説明を受けたところ、一番心に刺さったのがキャビテーションという施術でした。
それは超音波の力で脂肪を燃焼させて溶かし、体外へと排出させるという仕組みで、切らない脂肪吸引という異名を持つほどの大きな効果が期待できるものらしいからです。
超音波という何やらSFの世界で耳にするような先端技術を、現在ではエステサロンで使う美容機器に導入されているという点にも驚きましたし、何をやっても減ってくれなかった脂肪に直接効果を発揮するという点に心を強く惹かれました。
正直なところその料金は馬鹿にならないものではありましたが、憧れのスッキリボディを手に入れられるならと奮発して、切らない脂肪吸引ことキャビテーションを受けることに決めたのですが、その直前になると少しずつ怖い気がしてきてしまいました。
SFの世界では兵器によく使われている超音波を自分の体に当てるとなると、実は痛いのではないか、後にダメージが残るのではないかと余計なことを考えてしまったのです。
とは言え、もうキャビテーションを受ける寸前に来て止める気にまではならず、心を決めてそれを受けてみたのですが、痛みなんて全くと言っていいほどありませんでした。
むしろ心地良いくらいの感覚で、自分の体の中のしつこい脂肪がグイグイ燃焼しているような感じが癖になると思えるほどです。
一度目のキャビテーションが終わった後には、何だか物足りなくてもっとしてもらいたいと思ってしまったのですが、やはり何度か続けて受けてこそちゃんとした効果が期待できるということなので、それ以降もしばらく定期的に通うことを決意しました。