一週間前にやってもらったカッピングの跡が残り続けている

マッサージのひとつにカッピングという施術があることをご存知でしょうか。
中国の民間療法で、専用のカップを吸い付けさせてマッサージ効果を得るというものです。
密かに人気のようで芸能人やスポーツ選手など中にも受けている人がいるようです。
また、自宅でも行える専用のキットも売られていますから、セルフでやっている人もいるかもしれません。
実は自分でも一週間前にカッピングを受けており、マッサージ効果はあると実感しています。
以前にも増して疲れやすくなったのが気になっている時にカッピングを知り、興味本位もあって利用してみました。
施術を受けてからというもの、前よりも疲労が抜けやすくなったように感じていますからマッサージとしては良いのでしょう。
ただ、ひとつ問題があります。
それはカッピングを受けると独特な跡が残ってしまうことであり、わたしの体にもばっちり残っています。
しかもその跡というのがグロテスクですから困りものです。
そもそも内出血状態にさせるのがこの施術の特徴で、それゆえに施術箇所が赤黒く、少し気持ち悪い見た目になります。
一箇所だけでもかなり目立つところ、私の場合は背中全体に施術が行われましたから、背中全面にアザのような跡が残っています。
きっと人に見られたら相当、目を引くと思いますし、自分でもお風呂などに入る際に気付いてぎょっとすることがあるほどです。
非常に目立つ跡ですので早く消えて欲しいわけですが、一週間の段階でもそこそこ残っているために心配です。
平均すると一週間ほどの経過で殆ど消えて無くところ、まだ濃い目に少し残っていますからこのまま平常化しないか不安に思っています。
なお、治りが良くないのはそれだけ体内環境が衰えているのが原因のようです。
特に良くないところは治りが遅くなるとのことですから、よっぽど体内環境が悪かったのかもしれません。
確かに普段は乱れた生活を送っており、疲れやすさにも拍車が掛かっていたように感じていました。
そんなこともあって体験したカッピングでしたが、見事に不摂生さが浮き彫りになったという心境です。
とは言えちゃんと消えてくれるのかやはり心配に感じてしまいます。
お陰で大好きな温泉やサウナには行きにくい状態でしばらく我慢を強いられている次第です。
このまま残ってしまうようですと人前で裸になるのも躊躇してしまいます。
不摂生をしていた自分の責任とは言え、今後ちゃんと消えて欲しいと祈る毎日です。